美容皮膚科・美容外科
シェリークリニック新宿

テレビ取材・ロケ・撮影・場所提供、お気軽にご連絡ください

Column

コラム

ボトックスの裏話

2019.12.12

前に他のクリニックで、「ボトックスを注射したがあまり効果がなかった」、「前よりも効果が切れるのが早かった」なんてお話をカウンセリングで聞くことがあります。

ボトックスは今や美容クリニックだけでなく、一般皮膚科や眼科でも美容目的で施術されており、どこでも手軽に受けられる治療のひとつとなりました。
料金も数千円~何万円まで様々で、どこのクリニックを選べばよいかわからないという患者さんもいらっしゃるかと思います。

今回は美容にまつわるボトックスの裏側について書きたいと思います。

そもそも「ボトックス」 というのは施術名ではなく、製薬大手のアラガン社が取り扱うA型ボツリヌストキシン製剤の商品名です。
日本で唯一厚生労働省の認可の取れているボツリヌストキシン製剤で、正式には「ボトックスビスタ」という製品名で取り扱いされています。世界的にも流通していて品質の管理も十分であり、症例数も最も多く安心して使用できます。
特に厚生労働省に承認されているということは、有効性と安全性が確立された安心な医薬品ということです。日本は先進国の中でも医薬品の承認にはとても厳しいことで有名ですよね。
またボトックスビスタは医師であれば誰でも投与できるわけではなく、アラガン社の講習を受け、施注資格を取得した医師のみに認められています。
安全性と信頼性を重視するなら、アラガン社の「ボトックスビスタ」がオススメです。

その他にもA型ボツリヌストキシン製剤は他にニューロノックス、ボツラックス等々、主に韓国やヨーロッパからの輸入製品が何種類も存在します。
これらは、アラガン社製品に比べて輸入製品はリーズナブルに治療が受けられます。

当院でもボトックスビスタと輸入製品を扱っており、ボトックスビスタではないと絶対に効果がでない、安全ではないというわけではありませんが、患者さんにも違いを知った上で、治療を受けて頂きたいと思います。

またボツリヌストキシン製剤は、通常「粉末」の状態で製造元からクリニックに届きます。
粉末のままでは注入できないため、これを生理食塩水で薄めて使って注入します。
この薄め方もクリニックによって様々です。どのくらいに薄めるかで製品の濃度も変わり、効果も変わってきます。生理食塩水をたくさん入れて薄くすると、量が多くつくることができるので、単価は安くできますが、効果も弱め、持続期間も短めとなります。

また顔のシワやエラに使用する場合は、生理食塩水の量が多くなると、不必要に拡散されるためボツリヌス菌に効いてほしくない場所にも広がる可能性があり、副作用につながるリスクがあります。また量が多い分注入時の痛みも増えますのでお勧めできません。
当院では、原則アラガン社推奨量の生理食塩水で希釈をしております。

ボトックス治療の裏側はいかがでしたでしょうか。
今や安価でどこでも受けられるボトックス施術ですが、信頼できるクリニックや医師をお選びいただき、治療を受けましょう。

当院スタッフは全員ボトックス治療を経験しておりますので、痛みや効き目についてもお気軽にお尋ねください。

  LIST  

現代を強く生きる
洗練された美のために
安全性と技術を追求しています。

お電話またはWEBフォームより
ご予約を受け付けております。
カウンセリングは無料です。
まずはお気軽にご相談ください。

便利なWEB予約をご利用ください。

初めてご予約をされる方へ

当院では便利なWEB予約システムを導入しております。
WEB予約専用ページが開き、直接ご予約を完了できます。
ご希望の施術名称をクリックし、カレンダーの予約可能な日時を選択してください。
初診の方は必ず[初診の方]と記載のある項目をお選びください。